MENU

磯子泌尿器科クリニック

診療案内

診療案内

泌尿器科

排尿障害

症状:尿が出にくい、勢いが悪い、回数が多い、尿が残る感じがする

疾患:前立腺肥大症、過活動膀胱、神経因性膀胱、尿失禁
自己導尿指導、膀胱留置カテーテル交換も可能です。

悪性腫瘍

症状:PSA高値、尿に血が混じる、健診で尿潜血陽性、陰嚢内が腫れている

疾患:前立腺癌、腎癌、尿管癌、膀胱癌、精巣癌、陰茎癌

尿路感染症

症状:尿が近い、排尿時に痛みがある、尿が残る感じがする、熱がある、 陰嚢内容が腫れて痛む

疾患:膀胱炎、急性腎盂腎炎、急性前立腺炎、慢性前立腺炎、尿道炎・性病、精巣上体炎

尿路結石症

症状:尿に血が混じる、お腹・背中に痛みがある

疾患:腎結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石

腫瘍・感染症以外の陰嚢内疾患

症状:陰嚢が腫れている、陰嚢が痛む
陰嚢水腫、精巣捻転症、精索静脈瘤

小児泌尿器科

夜尿症(おねしょ)

尿失禁、排尿障害、おむつがとれない

包皮炎、陰嚢水腫、停留精巣

女性泌尿器科

尿失禁(腹圧性、切迫性、混合性)、頻尿、過活動膀胱、間質性膀胱炎

自費診療

ED(勃起不全)治療薬 ・バイアグラ ・シアリス

※自費診療は初診料3,000円(税別) 再診料1,500円(税別)が別途かかります。
※薬は全て院内でお渡しします。

各種検査

超音波検査、膀胱内視鏡検査、尿流量測定検査、尿検査、血液検査

当院で可能な検査

前立腺がん検診

2016年に前立腺がんが男性では最も多いがんになりました。前立腺がんの早期発見にはPSA検査(血液検査)が有用です。50歳を超えたら年1回は前立腺検診を受けましょう。 PSAが高い場合、前立腺生検を行います。
近隣の基幹病院に紹介させて頂きます。

泌尿器科癌治療、検診

前立腺がん、膀胱がん、腎臓がんなどに対する各種泌尿器科がん検診をおこなっています。前立腺がんに対するホルモン治療(内分泌治療)、手術後、放射線治療後の定期検査、癌検診も行っています。また膀胱がん術後の定期膀胱鏡検査なども行っています。

腹部超音波(エコー)検査

前立腺肥大症や、尿路結石、腎腫瘍、膀胱腫瘍などを調べることができる、痛みのない検査です。最新のエコーを取り入れ、鮮明な画像をモニターに映し出し、患者さんに一緒に見ていただきながら分りやすく説明を行っています。

膀胱内視鏡検査

軟性ファイバー(やわらかい内視鏡)を使用してより痛みの少ない検査が可能です。 細長い管の先にカメラとライトなどが内蔵された内視鏡を尿道口から挿入し、カメラで撮影した尿道・膀胱内の映像をモニターに映し出して、炎症や腫瘍等の有無を観察する検査です。 また、尿道カテーテル挿入や異物除去、尿道拡張などの処置にも使われます。

尿検査

尿検査では尿を調べ体の状態、腎臓、膀胱、肝臓などの疾患の発見、前立腺肥大症、尿道狭窄、尿糖のチェックをおこないます。

尿流量測定検査

専用の検査機に排尿することで、尿流量が数値とグラフで表され、排尿障害の程度が確認できます。

血液検査

血液は、主に赤血球や白血球、血小板といった血球と、血漿と呼ばれる液体成分で構成されています。 そのほかにも、蛋白質(アルブミン、グロブリン、抗体、酵素など)、脂質(中性脂肪、コレステロールなど)、ブドウ糖、電解質(カルシウム、マグネシウムなど)、無機質(鉄、亜鉛など)、分解物質(尿素、尿酸など)といった多くの成分が含まれています。血液中に含まれるこれらの成分の値を測定することで、異常がないかを調べます。 前立腺癌健診で測定されるPSA(前立腺特異抗原)は前立腺上皮から分泌される蛋白質です。

紹介先病院

当院では近隣の総合病院と連携して地域医療を行っております。
入院や専門的な検査が必要な場合には、最適な医療機関をご紹介させていただきますのでご相談下さい。
また、患者さまのご希望する病院を紹介する事も可能です。

<主な紹介先病院>

お問い合わせはこちら

045-750-0801

初診も随時承ります。

受付:月・火・木・金・土

(※診療時間内にお願いします)

診療案内

  • 泌尿器科
  • 小児泌尿器科
  • 女性泌尿器科

アクセス

JR根岸線(京浜東北線)
磯子駅より徒歩6分

バス停磯子総合庁舎前
より2分
・横浜市営バス
(9.58.99.113系統)
・京浜急行バス
(110系統)


磯子泌尿器科クリニック
235-0016
神奈川県横浜市磯子区
磯子3-3-21 江戸徳ビル1階
TEL:045-750-0801